http://777ac.blog41.fc2.com/
栄光への道 
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『わかりやすく<伝える>技術』を読んだがわかりやすくまとめれなかった
2010年 03月 27日 (土) 00:54 | 編集
twitterで気になって買った本
わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)
(2009/07/17)
池上 彰

商品詳細を見る


というわけでこの本についてまとめようと思います。次の査読会で実践できればなと思います。
そしてゆーきさん(@yuuki_with2us)に3行でとは言わなからと言われたが3行でまとめると

この本を買って
読めば
おk

というわけでまとめようと思ったがまとまらなかったので読みながらメモしたものを貼りつけます
・プレゼンの大筋をしゃべる。(時間、質問の有無、内容の全体)
 聞く方もかまえずに聞けるようになる

・まずは「結論」をしゃべる
 聞き手は話者が何をしゃべるのかがはっきりする


パワーポイントを作るとき
原稿→パワポ→原稿の順で作る

最後の原稿は手直しをする。最初の段階とパワーポイントを作ったあとでは説明する順番が違うほうがいいことが多いため。そしてスライドをつくることで整理され見やすくなる。そして必要最低限のことしか書かない。たくさん書いてあると聞きてがしんどくなりしゃべっていることをとりこぼすことが多くなるため

内容は文章を書かない。見出しをつける
見出しをつけたらその階層化した内容は三つぐらいがちょうどいい

例)次のように見出しを決めて下に三つほどかく
パワーポイントの作り方
・スライド
・内容
・構成

このように簡略化してしゃべることに重きをおくようにするのがよい

次にパワーポイントの原稿について
原稿よりはメモがいい
原稿は書き言葉になってしまいがちで違和感がある。
原稿をコピーして渡せばすむことなのでメモにする
内容としてはどのように話を展開してどうやってまとめるか
30分の発表ではA4一枚ぐらいが望ましい

最後に流れのまとめ 引用(P97)

まずざっと話したい要素を書き出す
リードを作る
目次を作る
一回書いてみる
どこを図解すればいいか考える
パワーポイントを作る
パワーポイントにそった原稿に書き直す
その原稿を箇条書きのメモにする

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。