http://777ac.blog41.fc2.com/
栄光への道 
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットとリアルでの出会い
2009年 11月 22日 (日) 20:23 | 編集
昨日twitterで議論が成り立つか成り立たないかという話からオフで会わないと厳しいよねという話になりました。でそこからネットからオフでの出会いってどうなのって議論になりました。それをまとめてみたものが以下です。

世の中では出会い系サイトのせいで出会いという言葉があまりいい印象をまたれていない。そこで僕は出会いというものをもっとするべきだと言った。なぜならネットでの出会いと現実の出会いはたいした違いはないからだ。そもそも街中で声かけられることとネットで声をかけることとはたいした違いは無い。ただここで反論が出てくる。ネットとリアルでの違いは大きいと思う人もいる。彼女または彼を信頼する気があるか、ないのか。たしかにこれは重要である。ただネットの場合は相手の情報が多いだけである。例えば相手の顔、性別、所属先、年齢、趣味など。ただこれは情報でしかない。リアルはこの情報がないだけで会うという状態。ちなみに相手と出会うのになにを優先するかによるのでリアルのほうが情報が多いと感じる人も出てくる。それはもちろん当たり前である。そしてこれらの情報をどこまで信頼できるのかが今問題で出会いについて問題が起きているのだと思う。ネットの場合は情報を集めるのはとても便利であるが、ネットの場合は偽ることが簡単であるため実際に会ってみて抱いていた物と違うこともあるだろう。それはネットでは仕方の無いことである。活字ベースのネットだと誤読されることはある意味当たり前である。なので文字だけで相手の印象を持っていても必ず現実と違いが出てくる。
そしてこれからオフ会をやるのに重要になってくることが多々ある。これは参加する側の判断がしっかりしていないといけない。誰にコミットするのか、どこへコミットするのか。この情報の正しい判断ができないとなかなか厳しい。そしてオフ会に参加する人がそこでなにかあったときに責任がとれるかどうか。だから中高生でオフ会をやって問題が起きたとき対処が難しくなる。しっかり責任を引き受けれる人がいれば問題ないがいないとオフ会やるのは厳しいだろう。
勘違いしてはいけないのがただ出会えばいいわけではない。自分にとってなにかしら出会って得になるように出会わなければならない。自ら危険なところへ踏み入れて問題になっても誰も助けてはもらえない。これらのことを頭に入れて行動しないとよいオフ会にコミットするのは厳しいと思う。ネットでは得られないものもたくさんあるのでそれを現実で得るのにネットをツールとして使って得ることが出来る人がもっと出てきて欲しい。

以上オフラインで女の子と会えない出会い厨がだらだらと書いてみました。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。