http://777ac.blog41.fc2.com/
栄光への道 
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月に読んだ本
2010年 07月 01日 (木) 00:00 | 編集
紅?醜悪祭 上 (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-6)紅?醜悪祭 上 (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-6)
(2007/11/22)
片山 憲太郎

商品詳細を見る

紅?醜悪祭 下 (4) (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-7)紅?醜悪祭 下 (4) (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-7)
(2008/04/25)
片山 憲太郎

商品詳細を見る


終わり方があまり良くなかった。しかし中二病全開で中二病をこじらせている自分にはとても面白かった


きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)
(2003/11/08)
西尾 維新

商品詳細を見る



不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス)不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス)
(2007/10/10)
西尾 維新

商品詳細を見る



不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)
(2008/12/05)
西尾 維新

商品詳細を見る



後ほどこのシリーズ一冊読んでないことに気づいた。しかしよく行く本屋に置いてないのでいまだに読めていない


CODE VERSION 2.0CODE VERSION 2.0
(2007/12/20)
Lawrence Lessigローレンス・レッシグ

商品詳細を見る

レッシグの有名な本。人の行動を制限するのは、法、規範、市場、アーキテクチャ。このアーキテクチャについて扱っている。特にパソコンではこのアーキテクチャが重要であるということを主張している。中ではセカンドライフやP2Pなどもでている。


一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
(2009/07/18)
ジョージ・オーウェル

商品詳細を見る

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤計劃

商品詳細を見る

『1984』では監視社会が描かれている。テレスクリーンがあり、どんな行動もビッグブラザーに見られている。そして必要のない単語は削除されていく。国がいいか悪いかをすべて決め人々をある種「洗脳」を行っている。『虐殺器官』ではこのような監視はないが、人の行動履歴をとっており、9.11のようなテロがまた起きないように備えている社会である。『1984』の中に出てくる二重思考なども出てくるので虐殺器官を読む前に『1984』を読むことをおすすめする。どんなに人間の行動を制限してもテロはなくならない。『1984』『CODE2.0』『虐殺器官』とこれらを絡めて話をすると面白いかもしれないと読んでいて思った


生徒会の八方  碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/06/19)
葵 せきな

商品詳細を見る



明日の約束 おいしいコーヒーの入れ方 SECOND SEASON 2 (集英社文庫)明日の約束 おいしいコーヒーの入れ方 SECOND SEASON 2 (集英社文庫)
(2010/06/25)
村山 由佳

商品詳細を見る

一度読んでいたのですらすらと読めた。いつものようにぐだぐだと展開されていく。この作品だからおもしろいと読めるのかもしれない

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る

最近話題になっている本。主に映画が話題になっているようである。この本を読んでいて思ったのは、人の気持や意図とは言葉にしないとまったく伝わらない。もちろん言葉にしても全部は伝わらない。伝わらなくて齟齬が積み重なってしまってこのようになってしまったのではないか。最後のおち?は予想していなかったのでびっくりした。でもほとんどの人は予想できそうではあるけど。
スポンサーサイト
copyright (C) all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。